株式会社サトーキ

空調名人

▶トップページ >> 空調名人 ST-707SM

特徴

室温制御

二管式ファンコイルでの空調制御を中間期(冷・暖房の切替時期)を含めて個別空調と同等の温度制御を可能にしました。

客室空調のシステム図

客室空調のシステム図

ホテル客室で、二管式ファンコイルに温度制御器を取りつけた場合は左図のシステム概要図が一般的です。

制御ユニット(1)が付く前はOA(外気を一次処理して室内に送り込む)(2)で居住空間としての適当な温度等のレベルを確保して、足りない分をファンコイル熱量(3)で補う方法をとっていました。

制御ユニットは室温を感知してファンコイルを制御しますので温度レベルの管理をOAからファンコイルに移すことが可能となります。

冬期の室温制御モデルパターン

冬期の室温制御モデルパターン

二管式の冬期での弱点は室温が一旦上がり過ぎると冷やす能力がないことです。

そこで今までのOA温度を可能な限り低下させて室温を下げるために運用します。室温管理は温度制御機器付きのファンコイルでおこなう運用とします。

室温は設定した温度以上には上がりませんので風呂上がりに設定温度を下げるとOA温度が低い分下がってきます。

OA温度の目安として室内吹き出しを18℃以下として下さい。欧米の方が多いホテルでは15℃以下が目安となります。

ヒートラン制御

ヒートラン制御※により、不快のない室温に入室できます。早く快適な室温に到達しますので入室後のコンプレがありません。

※ヒートラン制御とは・・・ 不在時(省エネキーユニットに未挿入)に自動的に予冷・予熱運転に切りかわります。お客様が入室される際に、不快な思いをされないよう、ある一定の室温で制御するシステムです。(冷房期27℃、暖房期16℃に可変)

高級感

ホテル仕様の使いやすさと高級感が客室の品位を演出します。

ナイトパネルと連動
納入実績 お問い合わせ
納入実績 お問い合わせ